どうすれば効果があるの?効率よくポスティングをする方法!

2017年9月27日

人口が多い所を狙って行う

広告の方法としては、テレビなどだとすぐに広められます。新聞も多くの人に知らせるのに向いています。しかし、費用はかなり掛かります。大企業などが行うには問題ないでしょうが、中小企業や個人ではまず無理です。個人が行うのにいい広告としてポスティングがあります。チラシを作成し、それを直接配る方法です。人に見てもらえるので、一定の効果は得られます。ただ、エリアをどうするかが重要になり、間違えると効果も薄くなります。住宅などに行うなら、人口が多いところを狙うのが良いでしょう。人が多いところだと、非常に配りやすいです。すべての人に渡せなくても、適度に評判が広がるので、配布した以上の硬貨が狙える可能性もあります。

商圏を意識してその範囲内で行う

飲食店の中には、ど田舎なのに非常に人気のあるお店があります。口コミなどで広がり、全国から車などで多くの人が来てくれます。一般の店がど田舎で営業しても、ほとんどお客さんは来てくれないでしょう。それなりに人通りがある所でも簡単には来てもらえません。この時にポスティングで集客をします。ただ枚数を配ればいいわけではなく、お店の規模に応じて一定のコストの範囲で行わなければいけません。商圏を決めておくと、どこまで配ればいいかがわかります。駅前などなら、駅を利用する人になりますし、幹線道路沿いなら自動車を使ってきてくれる可能性もあります。来てくれそうにないところに配るのではなく、確実に来てくれそうなところを狙うようにします。

住宅街や家屋が密集している地域でのポスティングは、比較的短時間でかなりの枚数を配ることができます。自転車が利用できれば、広範囲にわたって配布できるので、かなりの収入が得られます。