リスクが少ない投資法!?太陽光発電を投資として考える

2017年8月26日

太陽光発電の仕組みをご紹介

太陽光発電は太陽エネルギーを電気エネルギーに変換する事で電気を作り出す発電システムの総称です。

ソーラーパネルは半導体素子で出来ている設備で、内部の半導体に光が当たると電子が高速移動を行い、起電力を作り出す、この電力こそが電気エネルギーです。

太陽の光が照射するのが条件となりますが、曇り空でも発電が出来る、発電量そのものは変わりますが、日の出から日の入り時刻までの間は発電が出来るなどの特徴もあります。

発電した電気はソーラーパネルの総出力量が10kW未満の場合には余剰電力として買い取りして貰える、10kW以上のメガソーラーの場合は発電したすべての電気を買い取りして貰える、全量買い取り制度が適用されるなどの特徴を持っています。

発電に最適な土地とは?

太陽光発電の中でもソーラーパネルの総出力量が10kWを超えるメガソーラーの場合、全量買い取り制度が適用されるのが特徴です。

使用していない土地を活用して太陽光発電の投資を行う場合、全量買い取り制度を利用すれば、発電事業として土地の有効活用が出来ます。

土地を所有していない人でも、太陽光発電に最適な土地を見つけて、発電事業を行う事も可能です。

尚、太陽光発電には発電効率と呼ぶものがあります。

太陽の光エネルギーを100とした時、どれだけの発電量を期待出来るのかが発電効率で、発電効率が100になる条件は太陽光の入射角度が30度であり、ソーラーパネルの向きを南側にした時に100の発電効率になるなどの特徴を持ちます。

太陽光発電の価格を検討する場合、ソーラーパネルなどの機材の価格のみを比較検討するのではなく、それぞれの機材の条件で得られる経済効果を明確にして、総合的な収支をシミュレートする必要があります。