タクシー運転手として働きたい人にオススメの情報

2017年6月29日

タクシー運転手として働くには

タクシー運転手の働き方は、大きく分けて法人タクシーと個人タクシーの二通りがありますが、年齢や経験、資金などに応じて、仕事探しをすることがポイントです。特に、タクシー会社で長年経験を積むことで、個人タクシーの開業申請を行うことができるため、働きながら運転技術の向上を目指すこともおすすめです。最近では、二種免許の取得を支援してくれるタクシー会社が増えており、教習所に通うための費用を節約することができます。また、入社後に先輩のドライバーから研修を受けることのできるタクシー会社に関しては、運転手の定着率が高い傾向があり、将来的に一人前のドライバーになるために、各地のタクシー会社の取り組みに目を向けることが大切です。

タクシー運転手の賃金体系

タクシー運転手の賃金体系は、勤務先のタクシー会社の基準によりますが、一般的に基本給が安く抑えられており、歩合給で稼ぐことができるシステムが整っているところが目立ちます。近年では、大手の鉄道会社やバス会社の傘下にあるタクシー会社を中心に、運転手の勤務条件が改善していることもあり、卒業後の就職先に選ぶ若者も徐々に増えています。また、タクシー運転手の勤務時間は、各会社の営業時間に左右されますが、就職の際に日勤や夜勤などを自由に選ぶことのできる会社に人気が集まっています。なお、タクシー会社での勤務経験を持つ人を対象とした求人に関しては、給料の額が高めに設定されているものもあり、高収入を希望する求職者から注目が集まっています。

役員運転手は企業の役員を安全に目的地まで送迎することです。待機中は車内の清掃や車の点検をして安全に務めています。